いくつもの種類が登場したインプラント治療【特徴を解説】

保険を適用していく

インプラント

八王子でインプラント治療を希望している人もいるでしょう。インプラント治療は保険が適用されるケースもありますが、その条件は厳しいのが現実です。気になる方は、一度八王子の歯科医院を調べてみてください。

もっと読む

違いを確認しよう

インプラント

差し歯は本人の歯の根元部分が残っている場合は行うことができる治療で、インプラントは歯根部分も人工のものであるという違いがあります。最近はメスによる切開をせずに埋め込みができる治療も登場しており、腫れや痛みもかなり抑えられています。

もっと読む

自信あふれる笑顔のために

歯科矯正

名古屋で矯正を考えるなら、クリニックごとの特徴についてきちんと調べることが大切です。自分に合うかどうかを見極めてください。また医師との相性も重要なポイントなので、カウンセリングを受けて確かめてみると良いでしょう。

もっと読む

もっとも一般的な治療方法

歯

手術と定着

江東区の多くの歯科医院でもインプラントを行っています。しかし、インプラントとは具体的にどのような治療法なのかがわからないという人も多いです。技術が進歩するに従い多くの治療法が考案され、今では江東区でもさまざまな治療法が行われています。抜歯時に埋入することで治療時間を短縮できる治療法から、骨の厚みが不足していても実施できる治療法まであります。もっとも基本的な治療法は、1次手術の後に一定の定着期間を設け、定着してから2次手術を行う2回法です。江東区でも、この2回法を行う歯科医院がもっとも多く、今ではポピュラーな治療法となっています。この2回法を成功させるためには、CTスキャンなどを使った精密検査と熟慮を重ねた治療計画をたてることが大切です。インプラントが成功するかどうかは、この精密検査と治療計画にかかっていると言っても言い過ぎではありません。口腔環境や骨の厚さ、かみ合わせなど、チェックしなければならないポイントはたくさんあります。この時、十分なカウンセリングを行っているかどうかで、担当のドクターが名医かどうか判断することができるほどです。治療計画が決まったなら、1次手術で治療計画通りに歯肉を切開してドリルでアゴの骨を削り人工歯根を埋入します。外科手術になりますが、局所麻酔下で行われるため術中はまったく痛みはありません。その後、腫れが治まり抜糸が終わったなら、人工歯根が骨と結合して定着するまでじっくりと待ちます。人工歯根が定着したことを確認した上で行われる2次手術では、もう一度歯肉を切開しアバットメントと呼ばれる連結部分を装着します。歯茎が整ったところで歯の型取りをし、人工歯冠を被せたならインプラント治療は終了です。最長で10か月ほどかかる治療法ですから、江東区で受ける場合は本当に任せられるドクターを選ぶことが大切です。