いくつもの種類が登場したインプラント治療【特徴を解説】

違いを確認しよう

インプラント

根の部分も人工物です

歯の治療にも様々な方法がありますが、インプラントや差し歯もよく選ばれている治療です。どちらも似たイメージがありますが、インプラントと差し歯はまったく別の治療であることを理解しておきましょう。差し歯は歯の上部が虫歯などがかなり失われてしまった場合に人工の歯冠を被せて補強を行いますが、根の部分は残っています。これに対してインプラントは歯が根の部分から抜けてなくなってしまった場合に適用する治療で、根の部分もチタンなどの人工物で作ることが特徴的です。根の部分までなくなっている場合は差し歯だけでは対応することができません。インプラントのデメリットとしては、切開を行うことがあげられますが、治療は日々進化しており、最近はメスを使わずに行える治療も登場しています。一般的な治療では人工歯根を埋め込む部位をメスで切開し、顎の骨を露出させてからドリルで穴をあけていましたが、切らない治療では専用の機器を用いて、粘膜に小さな穴をあけ、そこに人工歯根を埋め込んでいきます。治療を成功させるためには正確な位置に埋め込むことが大事ですが、そのためにマウスピースのようなテンプレートをあらかじめ作っておきます。切開を行わないことで、腫れや痛みなども大きく抑えられ、治療時間も少なく済むのがメリットです。この治療を行う前にはCTやコンピュータシュミレーションによる精密な検査が必要です。埋め込む部位に歯肉がしっかりついていることも条件で、口腔内の環境によっては治療を受けられないこともあります。